questions

浮気調査の依頼先

探偵・興信所・調査業界でもっとも多い依頼は「浮気調査」です。浮気調査は素行調査とも言われ、依頼を受けた探偵は契約した日数の間調査対象者を尾行して1日の行動を調査し、報告としてまとめ依頼者に提出します。
しかし、この探偵業務は誰でもいつでも行うことができることではありません。現在日本国内で「浮気調査」を含む探偵業を行うには「探偵業法」に基づきの都道府県公安委員会へ探偵業の届けがなければいけないことを定められています。探偵業法は探偵業務全体の健全化と社会的認知度の向上を図る目的で可決をされた法律です。探偵業法に基づく届けでなく無断で写真を撮影、尾行など探偵業務に当たる行為をした業者は逮捕の対象とされます。
探偵業法案が可決されたのは2006年5月25日です。衆院本会議で可決したあと参院に送られ、2006年6月2日に正式に可決されました。公布後1年以内に施行されています。
探偵業法案の目的は、消費者の保護、暴力団関係者が関与する業者の排除などの法的規制を張ることです。探偵業法案が制定される以前の日本の「探偵」とは、資格や許認可が必要なく誰でもなることができるものでした。調査力は業者によって大きな差があり、また調査内容も本当に信頼できるものか疑わしい場合が多くみられました。近年では浮気調査を含む素行調査についての依頼が増加しており、そこで消費者が安心して依頼できる調査先を確保するため一つの基準として成立したのが「探偵業法」なのです。
http://uwaki-william.com/←浮気調査のご相談は専門家へ